たすいち 次回公演

「キズツクキカイ」(再演)

「タイトル未定」(新作)

​脚本・演出 目崎剛

​2020年7月​

​シアターKASSAI

COMING SOON!

次回公演についてのお知らせと、

主宰・目崎からの声明文。

たすいちを応援してくださっている皆様、気にかけていただいている皆様、いつもありがとうございます。
たすいち、次回公演についてお知らせがございます。

たすいちでは、7月11日から19日、池袋にありますシアターKASSAIにて、次回本公演を行う予定でおります。
こちらの公演情報を、6月1日に公開致します。

以下、主宰・目崎剛から事の経緯と想いを綴らせていただきます。

ここまでが経緯でございます。
以下は、この件についての目崎個人の想いとなります。

僕は、僕が作る演劇は「娯楽」だと思っています。文化、芸術という言葉と比べると、一般的には重要度が落ちると思っています。無くてもいい、でもあったら楽しい。人生に彩りが加わる。そしてその彩りを加えることがとても好きですし、彩りを求めているお客様がいる限り存在していいと思っています。

「娯楽」というものは、命と比べたら軽いと思っています。
というか命より重いものはなくて、公演をやるやらないの天秤にかけた時に、命が秤に乗った瞬間に勝てるものは何もありませんでした。
これはきっと文化でも芸術でもそうだと思います。
他にも、コロナ禍による影響で公演をやらない方がいいという理由をいくらでも羅列することができました。

それでも、僕の心が「じゃあ中止だ」という結論に落ち着きませんでした。
じゃあ何でやるのかっていうと「やりたいからやる」になります。

ひどい理由だと我ながら思いますが、これが本心でした。
求めていただけるからやる、でもなく、やりたいからやる。
でも、今現在「やりたいからやる」で情報を公開して、劇団員、出演してくださる俳優・女優さん、スタッフさんを巻き込むわけには行かないと思いました。

シアターKASSAIで、7月11日から19日で、公演をやる予定でいます。
でも、情報の詳細は出しません。楽しみにしてくださっている皆様、もう少しだけお待ちください!
5月31日までに決めます。
その時、世の中が公演を出来、受け入れてくれる状況で、発表して公演に向かって進める状況になっていたら、6月1日に情報を公開させていただきます。

そのためにも、僕達も、そして皆様もどうか健康でありますように。

目崎剛

たすいちの活動を応援してくださっている皆様、いつもありがとうございます!
主宰の目崎です。

上記の通り、情報公開が6月1日となりました。
情報公開としては遅いですよね。11日に何か発表する素振りを見せていたので、あれ?と思われた方もいらっしゃると思います。

なぜそうなったのかと言いますと、ご多分に漏れず、コロナ禍の影響であります。
7月、もう少し先ではありますが、まだまだどうなっているか読めない時期です。
命に関わる問題です。無責任に公演を絶対やります!とは言えない状況になっております。劇団内でも上演中止も視野に入れながら話し合いを重ねており、その中で情報公開をすることについての話をしました。

たすいちではありがたいことに5月1日で劇団員が増えました。人が増えると意見にも多様性が出ます。僕はこれをとても良いことだと思っています。
その中で、現在の状況を鑑みるに風評被害が出てしまうのではないかという意見がありました。僕達劇団員だけならまだしも、力を貸してくださる出演者の皆様にも迷惑がかかる可能性がある。
それは劇団として本意ではありませんでした。ですので、僕達は「情報公開を延期する」ことを選びました。

ご理解いただけますと幸いです。