白井肉丸退団について

いつもたすいちを応援していただき誠にありがとうございます。

この度、白井肉丸がたすいちから離れることとなりました。
沢山の応援ありがとうございました。

以下に白井、主宰・目崎からの挨拶を掲載しております。
ご一読頂けましたら幸いです。

今後もたすいちを、白井肉丸をよろしくお願い致します。

白井肉丸コメント

 

白井肉丸です。

劇団の皆にワガママをいって、
このたび、たすいちから籍を抜くことに致しました。

喧嘩別れでもないですし、
芝居をやめるとかでもないのでご安心ください。
別に心配してないかもしれませんが。笑


抜ける理由は色々あるんですが、
外から関わる方が 色々良くなるんじゃないかな、と思ったからです。
団体的にも自分的にも。

あと、根が風来坊なので どこかに定住していない方がしっくりくるところもあります。


籍を抜くだけなので、ほんとあんまり何がどうとかなくてですね、
舞台のチラシなんかで、名前の後に(たすいち)ってつかなくなるく
らいの気持ちです。
劇団員の皆が「二度と敷居を跨がせるな!」ってなったらアレですけども、そういう感じではないので 今後は外からアシストしていこうと思います。

引き続き たすいちと白井肉丸をよろしくお願いいたします。


白井肉丸

目崎剛コメント

たすいちがまだいろんなことがちゃんとする前。
たすいちは2007年に旗揚げして、2011年までの間に劇団員が増えたり減ったりをしていました。
2013年から人数が増え始めて、休団したりはあったものの、退団は2011年ぶりの出来事です。

肉丸さんとは旗揚げするより前からの付き合いで、加入してくださった時も、まさか!と思っていました。

 

肉丸さんが関わってくれたことで、得たものがたくさんあります。
僕は肉丸さんに何かを渡せたのか。そんなことばかりを考えてしまいます。

喧嘩したとかではないのですが、嫌だー!ってたくさん駄々を捏ねました。
駄々を捏ねた分、たくさん話をしました。
集団としては、本人の希望を優先すると決めているのですが、個人として、肉丸さんに居てほしかった。
頭では理解できているのですが、心で理解したくないところを、ちょっとずつ解していきました。

 

僕は、小劇場が変わっていく狭間の世代である気がしていて、僕より少し先輩の肉丸さんがいてくださったことは心強く楽しいものでした。

ただ、これで全部お別れということではないと思っています。
肉丸さんじゃないとできない演劇がある。
またたすいちでの肉丸さんを観られる日が来るかもしれません。

そんな日を願いながら、僕らも、肉丸さんも進んでゆきます。
今後とも、どうか応援のほど、よろしくお願い致します。

たすいち
目崎剛