配信公演

たすいち春の短編まつり

​脚本・総合演出 目崎剛

​2021年5月​9日(日)

於 下北沢 駅前劇場

harutann.jpg
春たん裏面.jpg

​【演目】

《14:00》
「ここはまかせて先に行け」
白井肉丸、中田暁良、中村桃子、細田こはる

「いまこそわかれめ」
大森さつき、小太刀賢

「堕天のススメ」
梅田優作、菊池泰生、北川理恵、熊谷有芳、小太刀賢、さんなぎ、中野亜美、星澤美緒、細田こはる

 

「透明人間、消える」
大森さつき、鍛治本大樹、北川理恵、中村桃子

《18:00》
「吸血ディベート」
梅田優作、鍛治本大樹、北川理恵、熊谷有芳、白井肉丸、中田暁良、中野亜美、細田こはる

 

「名前のない名前を呼ぶ冒険」
小太刀賢、さんなぎ、白井肉丸

 

「消えたい二人」
梅田優作、大森さつき、鍛治本大樹、菊池泰生、中田暁良、中村桃子、星澤美緒

【キャスト】
大森さつき
小太刀賢
白井肉丸
中田暁良
中村桃子
星澤美緒
細田こはる
(以上、たすいち) 


梅田優作(重惑[omowaku])
鍛治本大樹(演劇集団キャラメルボックス)

菊池泰生
北川理恵(オフィス・エイツー)
熊谷有芳(アガリスクエンターテイメント

さんなぎ
中野亜美

【スタッフ】
脚本・総合演出 目崎剛

演出 たすいち
映像用楽曲提供 小林成宇

舞台監督 佐藤秀憲(ステージメイツ)
照明 若原靖
照明操作 中佐真梨香(空間企画)
音響 松宮辰太郎(catSSound)
音響操作 渡邉藍

映像配信 小林勇太(T.C.O.C.)

スチール撮影 奥山郁
衣装 大森さつき
宣伝美術 菊池泰生

+1 石井啓太、鳥谷部城、永渕沙弥、梁稀純
制作 横井佑輔(PlayPlan)
協力
アガリスクエンターテイメント、アニモプロデュース、M.M.P、

演劇集団キャラメルボックス、オフィス・エイツー、重惑 [omowaku]、ひみつまたたき、

企画・製作 たすいち

【日程】

5月9日(日) 14:00/18:00

【ご予約】

5/9(日) 14:00 ご予約ページ

5/9(日) 18:00 ご予約ページ

配信日より14日間はアーカイブもご視聴いただけます。

【脚本販売】

今回上演いたします7本の短編の脚本データを、

「魔族会議」上演中止へのご支援を兼ねて、

1000円からのお気持ち価格でダウンロード販売いたします!

下記Googleフォームよりお申し込みください。

​※脚本データサンプルをダウンロードいただけるかお試しいただくことを推奨します。

お申し込みはこちら

脚本データサンプル

【たすいちからのお知らせ】

日頃より、たすいちを応援して下さりありがとうございます。

緊急事態宣言により「魔族会議」の公演を中止することとなり、
ご心配・ご迷惑をおかけしております。

情勢の変化により
出演自体が難しくなってしまったキャストも複数いたため、
「魔族会議」という企画自体を進めることは出来ませんでした。


このような状況の中、
「それでもエンタメを届けたい」と、出来る限り前進して参りました。


そして協議に協議を重ねた結果、

無観客配信「たすいち 春の短編まつり」を行うことになりました!!!

既に抑えていた劇場を使い、5/9に配信公演を行います。

 

…が、ここで皆様にお伝えしなければならないことがあります。


端的に言いますと、今たすいちは大変なことになっています。

主宰の目崎剛が、緊急入院しました。


たすいちの作品は、
これまで主宰の目崎剛が演出をつけてきました。

今回、目崎剛は、万全の態勢で演出をつけることが出来ません。


新しく企画を動かし、稽古の初日を終えた翌日。

目崎が緊急入院することになってしまいました。

治療中の虫歯から菌が入り、血液が炎症を起こしていたそうです。
幸い、命に別状はありません。
これについては、また本人から報告させていただきます。


目崎は1~2週間の入院が必要となったため、
稽古場で直接演出することは不可能となってしまいました。

また、病院ではアプリや電話での通話を禁止されているため、
目崎からの指示を音声で伝えることができません。


そこで我々が取った方法は、
配信スタッフさんの知恵と機材をお借りし、
稽古場の様子を病室へ生中継することでした。

目崎がそれを見て、ラインで文章を送って演出。
文字でニュアンスが伝えづらいところは、劇団員がこれまでの経験でサポート。
こういった形で稽古を進めています。

目崎の通信量および通信料は跳ね上がりますが、
そんなことは知ったことではありません。

本番までに退院出来れば
直接稽古場での演出もできるかもしれませんが、
現段階では何とも言えない状態です。


ゲストの方々にも多大なご協力を頂き、
現在、座組一丸となって稽古を進めています。


いつもの「たすいち」とは全く違う形での作品作りとなりますが、
このような時勢だからこそ届けられるものになると思います。

引き続き応援いただけますと幸いです。


たすいち一同